留学先でのホストファミリーについて

留学先でのホストファミリーについて 海外に留学する際、滞在としてホームステイをする方は多くいます。
ホームステイ先であるホストファミリーは、子どもの教育のために外国人との交流をさせたい、海外からの学生と交流したい、など様々な思いをもっています。
初めての海外生活は言語も生活習慣も異なり、戸惑うことが多いでしょう。
そのため、ホストファミリーがお手本となって、生活習慣を教えてくれたり、疑問に思ったことや戸惑ったことも、アドバイスをしてくれます。
また一緒に生活することで、文化の違いや現地の人々の生活習慣を身近で知り、学ぶことができます。
ホームステイをすることで、留学の目的である語学が上達するというメリットがあります。
一緒に生活するうちに、どうしても英語を話す機会が増えるため、英語に自信がなくても無理にでも話すことで、早く上達することができます。
また、ホストファミリーの紹介で現地の知り合いができるなど、貴重な経験ができます。
このようにホストファミリーが身近にいてくれることで、日常で困ったことなど、すぐに聞くことができるため安心して滞在できます。

留学してホームシックにならないポイント

留学先で始めて親元を離れて生活する人も少なくないので、ホームシックの問題が浮上します。
ホームシックになると、現地の人との交流や学習がおろそかになるので、留学で得られるスキルや経験が台無しになります。
ホームシックを防ぐためには、まず現地ことを十分に理解する必要があります。
理想と現実とのギャップで精神的な疲労を感じることがあり、不安なことから楽しみにしていることまで全ての情報を集めます。
日本にいる時からホストファミリーと連絡を取っていれば、家族構成や周囲の環境などを質問します。
その国に対して漠然としたイメージで留学する人もいますが、アメリカなどは地域や学校で雰囲気が違うので、詳しく調べておくのが良いです。
また日本が恋しくならないように、自分が大切にしているものは持参します。
現地では基本的に誰も日本語を話しません。
日本語で書かれた本を持っていけば、母国語を忘れる不安から解放され、のびのびと現地の言葉を吸収できます。